2016. 06. 08  
林道沿いや麓などで普通に見られるクリ、これはまだ蕾かと思ったのですが

クリ

咲いていました。雌雄異花で雄花序の基部に一つだけ雌花がつきます。雌花がついてない花序も多い。

クリ

雄花が花盛りだと雌花は見逃すこともあるのですが雄花が殆ど咲いていない状態だったので目についた。

クリ

総苞の中に3つの雌花があるそうで何本もの柱頭をたてています。緑色の総苞片がイガイガになるんでしょうか。

クリ

こちらは雄花、雄しべが突き出ていますがこの頃の方が特徴が分かりやすい。

クリ

ピントがあっていませんが丸まった雄しべが真っすぐ伸びて飛び出る様子。

クリ

ブナ科クリ属

(5月28日撮影)
NEXT Entry
スイカズラ
NEW Topics
クマノミズキ
キササゲ
クリ
イヌウメモドキ
シャクジョウソウ
ミクリ
ハエドクソウ
ミゾソバ
ツユクサ
ケハンショウヅル(白花)
コモチナデシコ
ノハラナデシコ
カキラン
スイセンノウ
ホソバウンラン
セイヨウノコギリソウ
シマサルナシ
ネコノチチ
ネズミモチ
クロガネモチ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR