2017. 09. 15  
田圃に生えていたキシュウスズメノヒエ、紀州と名が付いていますが熱帯アジア・アメリカ原産、この仲間では本家のスズメノヒエはすっかり少なくなりシマスズメノヒエばかり、キシュウスズメノヒエもまだあまり見かけませんが一部の田圃で群生していたりします
キシュウスズメノヒエ

花序が2又に別れるのが特徴、アメリカスズメノヒエも2又に別れますがより乾燥した場所に生え、花序もこちらが4-6cmなのに対してアメリカは9-10cmと長い
キシュウスズメノヒエ

ブラシ状赤紫色の柱頭、イネ科はどれも皆似ていますがこれが出てないと撮る気になれないしな
キシュウスズメノヒエ

雄しべの葯は黒紫色というよりほぼ黒
キシュウスズメノヒエ

葉鞘は緩く茎を包み上の縁だけ長い毛が生える、チクゴスズメノヒエはひと回り大型で葉鞘の毛が著しい
キシュウスズメノヒエ
イネ科スズメノヒエ属

おまけ、同じ田圃に生えていたナンゴクヒメミソハギ、今までは特定の1枚の田圃だけでしたが隣の田圃にも見られないのに何故か数百mも離れたこの田圃に生えていた
ナンゴクヒメミソハギ
ミソハギ科ヒメミソハギ属

(8月24日撮影)
NEXT Entry
ツユクサ(薄青)
NEW Topics
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
お知らせ
アカメガシワ(果実・種子)
ヤブタビラコ(果実)
コヤブタバコ(果後)
アケボノソウ(果実・種子)
ホタルカズラ(果実)
ヤマウグイスカグラ(果実)
ノダフジ・カゴノキ(競合)
チシャノキツボミフクレフシ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR