2018. 05. 21  
台地上石灰岩の陰に生えているオオキヌタソウ、県の絶滅危惧種Ⅰ類で数は少ない。ここは山道も何もない場所、偶々ワラビ採りに来た人が見つけたそうです、広い台地上では他にもあるかもしれないが探すのは難しそう。
オオキヌタソウ

4輪生の葉が3段になり茎頂部や上段の葉腋に花を付ける。
オオキヌタソウ

長い集散花序
オオキヌタソウ

花はアカネとよく似ていますが4,5mmと大きい。花冠は5裂で粒子状の突起があるようです。雄しべは5本、柱頭2裂。
オオキヌタソウ

4裂のもありました。
オオキヌタソウ

4輪生の葉だけど2枚は托葉が変化したものだそうです。葉腋から果序が出ることを考えると右上左下のが本物の葉かな。
オオキヌタソウ

6輪生のもありました。葉柄がありますがよく似たキヌタソウは無柄、そもそも属が違いヤエムグラ属です。
オオキヌタソウ

アカネ科アカネ属

(5月1日撮影)
NEXT Entry
アカマツ
NEW Topics
コタチツボスミレ
アリアケスミレ
ヤブニンジン
セイタカアワダチソウ(季節外れ)
カラスノエンドウ(白花)
シロバナマンテマ
シラユキゲシ(その2)
アケビ
サクラ(ソメイヨシノ)
ウメ
ヤブヘビイチゴ
ヤマネコノメソウ
ヒサカキ
オニシバリ(雌花)
キビシロタンポポ(レモン色)
ユリワサビ(その2)
ニオイタチツボスミレ
ヒトリシズカ
ナガバモミジイチゴ
ヤマウグイスカグラ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
おはようございまさす
ヤエムグラの大判と思いましたら、アカネ属ですか。
そして、よく似たキヌタソウは属はヤエムグラ属なんですね。
両方ともお初ですが。キヌタソウは皇居東御苑にあるようです。
7月頃に開花らしいです。メモメモ。
最近、お花のノートが必要だと思いました。
来年、確認見に行く日、探す植物などなど。
興味が深くなってます。
メロンさんへ
初めて見つけたのは県外ですがその時はオオキヌタソウは全く知らずアカネだと思っていました(^^;)
アカネにしては随分早く咲くなと思いつつそれ以上調べることもなく(ーー;)
キヌタソウはそちらで見られそうですか、見られたらアップ期待してますよ(^^)
開花日は年によって違いますが参考にはなりますね。
秋吉台に行くときも前年の開花日を確認してからコースを決めたりします。
No title
オオキヌタソウも初めて聞く名前です。
キヌタソウは日光植物園にたくさんありました。
比べると雰囲気が違いますね。
オオが付くのがわかります。
komakua2tさんへ
キヌタソウとは属が違いますが実際比較してみて違いを見てみたいですね。
写真でもこちらの方が大きいのが分かりますか、キヌタソウは小さいのかな。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR