2018. 08. 27  
道端に咲いているオシロイバナ、こんな時でもないと撮ることはないので撮ってみました。赤と黄色がありますがじょっとしたら同じ株かもしれない。実際一枝に赤と黄色が咲いているのがありました。熱帯アメリカ原産で元禄時代には観賞用として入ってきているそうですがあちこちで野生化しています。
オシロイバナ

真っ赤な花、これは花弁ではなく萼筒だそうです。基部に萼のように見えている緑色のは総苞だそうです。花は夕方から咲き初め翌朝には閉じます。
オシロイバナ

黄色い花、花冠は浅く5裂、裂片中央が襞のように盛り上がり両側が外側に反っている。このような形態はセリ科の花に良く見られます、全く違う科ですけどね。
オシロイバナ

赤と黄色が染め分けられた花もあります、中間色ではなく完全に染め分けられている、どのような仕組みでこんなになるんでしょうね。
オシロイバナ

真っ赤な葯、雌しべは雄しべより長く花冠から少し出ている。
オシロイバナ

柱頭は2裂か3裂しているよです。
オシロイバナ

粒々状の突起、まるで魚卵のよう。雄しべの方もドアップすればよかった。
オシロイバナ

葉は対生で短い柄があり広卵形~長卵形。
オシロイバナ

オシロイバナ科オシロイバナ属

(8月22日撮影)
NEXT Entry
アメリカタカサブロウ
NEW Topics
お知らせ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
アカメガシワ(果実・種子)
ヤブタビラコ(果実)
コヤブタバコ(果後)
アケボノソウ(果実・種子)
ホタルカズラ(果実)
ヤマウグイスカグラ(果実)
ノダフジ・カゴノキ(競合)
チシャノキツボミフクレフシ
Entry TAG
自宅付近  
Comment
おはようございます
一株から、赤色、黄色、混合色が見られるのですね。
黄色、混合色の雄しべが可愛らしいですね。
もちろん、子供の頃は水に花びらを入れて色遊びでしたし、
種の時も楽しい思い出です。
それにしても、オシロイバナが平家蟹さんにかかりますと
説明記事で新鮮な花となりますね(^^)/
こんにちは
オシロイバナはじっくり見ていませんでしたが、ツートンカラーもあるのですね。面白いものを見つけられましたね。
メロンさんへ
ここは散歩コースにあるので前から赤と黄色が同じ株に咲いていることや一つの花は2色に染め分けられているのも知っていましたが家の近所だとついカメラを持っていくのが面倒で(^^;)
でも花の構造は意外と面白かったです。
根が理系人間なので花の美しさより細かな説明の方が性に合っている(^^ゞ
多摩NTの住人さんへ
同じ株に赤と黄色が咲いているのも不思議なのに一つの花で染め分けられているのも不思議でした。
先日のサルスベリもそうですが身近な花でも面白いのがあるものです。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR